スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

胴体フレームについての追加情報

 胴体フレームについてご質問がありましたので返答させていただきます。

昨年11月の胴体フレーム紹介で、背骨部分にあたるフレームの干渉を避けるための方法として
肩部分の軸を短縮するように紹介しておりました。

> そしてこちらは今回の生産分のみですが、背骨にあたる部分の棒が干渉するため、
>そのままの状態では腕パーツを胴体部に完全に嵌めることができません。
>写真の様に2mm程度出てしまいます…
> 肩の露出した衣装等を着せた状態で飾りたい方は、
>お手数ですが腕の軸を2~3mm短く加工して頂ければと思います。
>次回の生産分では強度に問題がなければ背骨部分を細くして対応する予定だそうです。


 そして今回の生産分からは背骨部分を細くする予定でしたが、試作した結果無理なことが判明したため
今回以降の生産でも肩部分の軸加工が必要となります。ご了承ください。


 肩の可動についてもお問い合わせがあったので、こちらは写真を交えて説明をいたします。
※可動部を見せるためにヘッドを外し、胸を露出した状態で撮影をしていますのでご注意ください。

 肩の可動範囲は外皮が干渉するため広範囲には動かせません。
目いっぱい前に向けてこの程度までとなります。
P2261381001.jpg
 





この状態を前から見るとこんな感じです。
P2261384002.jpg

後ろ側はこの程度まで動きます。
P2261385003.jpg


正面から見ると・・・

前側に向けた状態
P2261386004.jpg

後ろに向けた状態
P2261387005.jpg

肩を抱くポーズだと、この程度で外皮の干渉を受けます
P2261393011.jpg


続いて、外皮をシリコン系の「やわ胸」にしてみると・・・
P2261390008.jpg

肩を上げた状態
P2261389007.jpg

下げた状態
P2261388006.jpg

上げ+前で胸を寄せた状態
P2261391009.jpg

肩を抱える状態
P2261392010.jpg

・・・と、このようにかなり自由に動かせます。
(内部はスカスカで、ポーズつけると変にたるんだりくぼみが出来る場合があるため、そこは調整の必要があります。)

 写真が暗く見づらいですがご参考ください。

スポンサーサイト

Tag:ロックオン  Trackback:0 comment:2 

Comment

えん URL|早速の
#l.Y.4w9A Edit  2011.02.26 Sat12:02
回答ありがとうございます、回答が早いので助かります

樹脂系胸をお持ちの様なので、話をし易くて助かります
最後の
>内部はスカスカで
と有りますが、やわ胸の場合はDD本来の内部のガワパーツは使用しないのでしょうか?
というか、金属フレームを使用した場合は内部のガワパーツをつける事は出来なくなるのですかね?
内部ガワが無い方が可動範囲は広そうですが、当方で使用しているのがぴ~ち☆ぱいの為
内部ガワが無いとかなりペコペコになってしまうと予想されるからです
趣味趣向がかなり左右する質問になってしまってますが、回答よろしくお願い致します
どろラッコ URL|追加で記事書きました
#VWFaYlLU Edit  2011.02.27 Sun15:36
えんさん、こんにちは

 ご質問いただいた件、追加で記事を書きました。ご参照ください。

 内部ガワを削って調整してあげれば使用可能です。
硬いので加工しづらいのが難点ですが・・・
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
カレンダー
04 | 2017/03 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

どろラッコ

Author:どろラッコ
ドールパーツディーラー「ロックオン」の情報はこちらで!

 最近はTwitterでのつぶやきがメインになってます。
 気軽にフォローしていただけると嬉しいです。

カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。