DD用 腰フレームパーツ

 前回の記事の最後で触れましたが、7月26日開催の 「I・Doll Vol.26」 にて友人のディーラー 「ロックオン」 の手伝いをしました。

 「ロックオン」 は以前からI・Dollに数回ディーラーとして参加し、DD用の首パーツを販売していますが
今回は金属製のDD用腰フレームパーツが新たに登場しました。
そこで私も購入してみました。

左がDDに元から付いている腰フレームパーツ、右が今回販売された腰フレームパーツです。
IMAGE012.jpg
 この腰フレームパーツの特徴はバンダイの一部MG系ガンプラやコナミのMMS(武装神姫の素体)のように
「足の取付軸がスイングする」ところにあります。
IMAGE013.jpg

 このように片方の軸ごとに動かすことが可能です。
IMAGE014.jpg

 実際に装着するための手順を簡単に追ってみます。

 DDの上半身と脚をはずし、内部のフレームを取り出せるようにします。
写真を見ても判るように、脚の取付軸には 「かえし」 が付いているので外し難いです。
無理な力をかけて破損しないように注意が必要です。
IMAGE007_20090801010610.jpg

 内部のフレームを取り出します。
ソフビの腰パーツが硬い場合はドライヤーで温めることにより取り出し易くなります。
温めすぎによるパーツ溶解と火傷には気を付けて下さい。
IMAGE010.jpg

 フレームの腰部分を分離します。
分離するためには腰部分を一旦バラバラにする必要があります。
元から付いていた腰パーツの再組立の際、使うネジの長さには気を付けて下さい。
IMAGE011.jpg

 金属製のパーツを取り付けます。
写真を撮り忘れてしまいましたが、金属製のパーツは全てバラバラにする必要はありません。
一番上(胸側)のネジを外し、股間側の2本のネジを緩めた状態で取付る事が出来ます。
取付時にネジの締めすぎには注意が必要です。
IMAGE016.jpg

 腰パーツに戻す前に、スイング部分の動きが緩過ぎる(固過ぎる)場合は調整したほうが良いでしょう。
スイングするパーツの取り付けられているネジ(上の写真だと足の取付軸の真上)の右隣のネジで調整が可能です。
調整後にフレームを腰パーツに戻します。
IMAGE018.jpg

上半身と脚を取り付けて組み込みは完了です。
次の記事で、実際にどの程度可動範囲が広がったかを紹介します。
スポンサーサイト

Tag:ロックオン  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

どろラッコ

Author:どろラッコ
ドールパーツディーラー「ロックオン」の情報はこちらで!

 最近はTwitterでのつぶやきがメインになってます。
 気軽にフォローしていただけると嬉しいです。

カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード