スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

LEDライトセーバー

 「ライトセーバー」と名前についていますが、
某SF映画に出てくる武器ではなく、撮影用の照明器具です。

 今回紹介する「LEDライトセーバー」は、当ブログのメインになっているドール撮影だけでなく、
模型、オークション用等の静物撮影のライティングの負担を軽減するのに効果的なアイテムです。

 光源にLEDライトを使用、残りの部分は100均ショップで手に入る材料でお手軽に出来たので
紹介として記事を書いてみます。

P6050598-02.jpg

 
 LEDライトセーバーは写真家の伊藤裕一氏が考案されたアイテムです。
細かい説明や撮影例はこちらの「武蔵野電波のプロトタイパーズ」のHPをご覧ください。
リンク先の記事では照明部分を含めて一から作成していますが、
伊藤氏のHPを見ると市販のLEDライトを使用した作例がたくさん掲載されています。

 照明部分の材料を入手するのが面倒そうだったので、LEDライトを使用した物を作成してみました…

準備したのは…

・LEDライト「GENTOS スーパーファイアXX SF-333XX」 約3,000円
・フリーザーバッグ(大)の外箱(28cm x 6cm x 6cm) 100円
・ガスレンジシート(アルミっぽい奴) 100円
・トレーシングペーパー 100円
・画用紙(黒) 100円
・布テープ(黒) 100円
・両面テープ 100円
・食器洗いスポンジ 100円

 計 3,700円


…以上、ほとんどが100均で入手の材料です。
光源はもっと安いLEDライトでも大丈夫そうなので、
箱部分だけとりあえず作成して自宅にあるライト類で試してから買い足した方が良いかもしれません。

作成過程を撮り忘れたので写真がありませんが、

  1.フリーザーバッグの箱の1面を繰り抜き、光を出す部分を作る
  2.箱の底面を切りライトを差し込む穴を作る
  3.食器洗いスポンジを切り、ライトを差し込む部分に貼る(光漏れとライト固定用)
  4.内側の3面にあわせてガスレンジシートを切って貼る
  5.トレーシングペーパーで1.で作った穴を覆う
  6.画用紙(黒)を側面に貼り、光が拡散しないようにする
  7.布テープで箱全体を覆う


…こんな感じ…小学校の図工レベルの技術でいけます!


で、出来上がったのがこれ
P6050598-02.jpg

ライトを差し込む部分はこんな感じ
P6050599-03.jpg

使用する時はこのようにします。
結合してる部分を手で持って使っていますが、
箱に持ち手を付けてライトの柄と一緒に持てるようにするといいかも・・・
P6050600-04.jpg

 後は三脚とシャッター速度や露光時間を手動で設定できるカメラがあればOK
部屋を真っ暗にしてシャッターボタンを押し、シャッターが切りおわるまでライトで光を「塗る」ように当てます。

 以下に今までの照明とLEDライトセーバーで撮った作例を…

その前に…今の撮影環境はこんな感じです。
照明はエレコムの蛍光灯で、意外に場所をとります…
P6050597-01.jpg


 まずは「オリンパス ペン E-P1」で撮影

・今までの照明
P6050601-05.jpg

・LEDライトセーバー
P6050606-06.jpg


 次に「リコー Caplio R7」で撮影

・今までの照明
R8312752.jpg

・LEDライトセーバー
R8312750.jpg

 …どうでしょうか?
今回の例では私がまだLEDライトセーバーを使いこなせていないためか、
陰影が消えて若干立体感に欠けてしまってるように感じますが…
この辺は慣れてくれば光の塗り方によって調整が出来そうです。

 材料も安価なので、興味をもたれたら試しに作ってみるのもありだと思います。
わかりづらい記事になってしまいましたがご参考まで…

 次回はドールを撮ってみようと思います。それでは~ 


…あ…写真の横幅が…リサイズ失敗…
クリックして頂ければ全体像が出ますので…すみません…
スポンサーサイト

Tag:ガジェット  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
プロフィール

どろラッコ

Author:どろラッコ
ドールパーツディーラー「ロックオン」の情報はこちらで!

 最近はTwitterでのつぶやきがメインになってます。
 気軽にフォローしていただけると嬉しいです。

カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。